HOME > 美容皮膚科診療 > ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは

スキンケアのひとつとして定着しているケミカルピーリング。

紫外線やホコリなどの汚れ、老化によって積み重なった古い角質層をフルーツ酸(AHA)などの酸性の薬剤によって剥離する治療法です。

相乗効果として真皮内のコラーゲンやエラスチンなどが再生され、保水力のあるキメの細かなお肌に生まれ変わることができます。

 

当院で使用する酸の種類

サリチル酸ポリエチレングリコール軟膏基剤で、処置中の痛みがわずかで済みます。毛穴のつまり、腫れたニキビに効果的です。

グリコール酸は、日本で最も一般的に使用されています。pH無調整の自家製剤で、塗布中からピリピリした刺激感があり、4〜5日間は乾燥肌のような細かい鱗屑が落ちることがあります。肌色の改善、たるみ、毛穴の開きに向きます。

トリクロロ酢酸は、凹んだニキビ痕が平らで滑らかにします。処置後かさぶたができ、自然にはがれるまで4〜7日間かかります。化粧では隠しきれません.頬全体を一度でするのではなく、少しずつしていってもよろしいでしょう。

 

効果のある主な症状

ニキビ、ニキビ痕、毛穴の開き、過剰な皮脂分泌

全般的な肌の老化、しみ、そばかす、色素沈着、たるみ、くすみ

乾燥肌、脂性肌、敏感肌、アトピー性皮膚炎

 

治療手順

診察により、症状に合わせてそれぞれのプログラムをお作りします。効果、満足度には個人差がありますので、途中から変更する場合もあります。2週おき5〜6回が目安です。

クレンジング、洗顔をしてお待ち頂きます。クレンジング剤、タオル、髪留めは当院にご用意がございます。

治療内容は、皮膚に酸を塗ることで角質層の表面を薄くはがし取ります。真皮成分の増加、角質層の正常化を促し、引き締まった皮膚が再生します。

 

Q&A

Q 肌トラブルの心配はないの?

A 医師の下で水分、油分、ph、メラニンの量など肌質を測定し、患者さんに合った酸の濃度と治療回数・間隔を決めて治療を行えば、トラブルの心配はありません。

 

Q 日常生活に支障はないの?

A メスや麻酔を使いませんし、傷跡も残りませんので、日常の生活に支障はありません。

 

Q 痛くないの?

A 施術中はピリっとした刺激がありますが、我慢できない程の痛みを感じることはありません。

 

価格表(外税)

顔、顎下面

¥4,000〜\5,000

背中(ウエストまで)

¥6,000〜\7,000