HOME > 美容皮膚科診療 > ほくろ・しみ等の治療

ほくろ・しみ等の治療

ほくろ・しみ等の治療とは

黒や茶色の皮疹、赤や青色のあざはそれぞれ何種類かの疾患が考えられます。診察のうえで治療方針、治療の選択肢をご提示いたします。

電気メスを使った切除やレーザー照射、軟膏、内服薬など、基本的には自由診療となりますが保険診療対象になる場合もございます。

レーザー治療をするとかえって色が濃くなるしみもありますので、その場合は他の治療法をお選び致します。

当院の使用レーザーについて


Asclepion

Qスイッチルビー・アレキサンドライト・YAGのレーザー治療を行っております。ほくろやしみの広さ、深さにより照射するレーザーの種類や回数などが異なります。

Qスイッチルビーレーザーは皮膚科などで安定的に使用されている一般的ななレーザー治療です。694nmの単一波光を出すレーザーで表層部のしみであれば1度の照射で効果が期待できます。太田母斑、扁平母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着、老人性のしみ、そばかす、色素性母斑、刺青(黒色)、遅発性太田母斑などを得意としています。

当院ではドイツのAsclepion社製を使用しています。Qスイッチルビーレーザー照射時はパチンとゴムで弾いたような痛みがあります。照射後の患部は約10日程度のダウンタイムが必要です。その間は茶色のテープを貼って保護して頂きます。

その後1〜2か月間、ピンクのような赤味から薄茶色と変化し3か月程度で落ち着きます。この間は必ず日焼け止めクリームをご使用ください。

初診当日の施術は行いません。診療後あらためてご予約ください。Qスイッチルビーレーザー照射後、10日前後の間に再診を受けていただきます。

価格表(外税)

シミの深さや広さによって価格が変わる場合がございます。目安としてご覧ください。

タトゥ消しは別料金です。お問い合わせください。

黒子取り

直径3mmまで

¥7,000

黒子取り(麻酔込み)

直径6mmまで

¥13,000

しみ取り

1cu

¥12,000

2cu

¥21,000

3cu

¥29,000